金型に依る金属部品の製法

焼結合金製法

① 粉末冶金 -  鉄粉を規格に則り粉合して金型成形を行ない、焼結炉にて
          焼き込む事に依り、鉄本来の強度及び、剛性等を備えた
          合金となる。
② 射出成形 -  鉄粉をペースト状に混合させ金型へ注入し成形を行ない
          焼結炉で焼き込む事に依り、鉄本来の強度及び剛性を
          備えた合金となる。

イ.主な使用先   自動車・家電製品・産業機器等
 
ロ.ロット毎の数量 1,000個~上限は特に無し
 

ロストワックス製法

ロスト型に溶解した金属を流し込み、成形、型を外し製品とする。
 
イ.主な使用先   家電製品・音響製品等
 
ロ.ロット毎の数量 100個~1,000個位
 

鋳物製法

鋳型に溶解した金属を流し込み成形、型を外し製品とする。
 
イ.主な使用先   自動車・産業機器
 
ロ.ロット毎の数量 500個~上限は特に無し
 

アルミダイキャスト製法

金型に溶解したアルミニュームを流し込み成形、型を外し製品とする。
 
イ.主な使用先   自動車・家電製品・音響製品
 
ロ.ロット毎の数量 500個~上限は特に無し
 

*弊社は、金型手配~完成品納入まで一環してお受け致します。
  ご用命お待ちしております。